ほんとにほんとに歩くだけでいいんですか?、、 筋トレとかだと続かなくて、、

ダイエット

もちろん食べ過ぎないようには注意しましたが、運動は歩くだけでした。

初見の方のために

私は、自転車やバス通を徒歩通(片道6km)にし、夕食後にも散歩(4km)し2年間で12kg痩せました。食事制限はしていませんが、食べ方(ゆっくり食べるとか)には気をつけました。

この質問、根が深いと思うんですよ。。。この一言で意味がわかる人は問題ないのですが…。大事なのは結果であって、努力の過程ではないと思うんです。痩せたいからダイエットする訳で、痩せなければ頑張ったことは全て無駄な努力になります。そして、結果が伴わない努力は努力の方向性がずれてる事が多いのではと思います。頑張ってる自分を見るのではなくて、結果につながっているかどうかを見て欲しいなと思います。

ウォーキングだけで痩せたことが楽をして痩せたように感じて本当かどうか疑いたくなる場合は、あなたがこのダイエット法に向いている証拠だと思います。疑いたくなるほどウォーキングを楽だと思うならきっと続けられるタイプだと思うので、やったらどうなるんだろう??とやらずに想像で考える前に、今日から始めて続けてみてください。きついな、明日はいきたくないなとならない範囲でいいのです。これくらいだったら続けられる、むしろ明日もや〜ろおっ♪くらいの強度で良いのです。長期的に継続するしかないのでいかに自分が継続できるようにするかが最重要と思います。

「頑張った感」や「やってる感」

「頑張った感」や「やってる感」を求めていても一生ダイエット人生終わらないと思います、しつこいですが結果が全てです。はやくそんなのから解放された満足いくスタイルで人生謳歌したいじゃないですか。私は12kgのダイエットしたとき、禁止した食べ物もないし筋トレもほとんどしておらず、運動はウォーキングのみでした。これについては詳しくまとめていますが(下に貼っておきます)、おそらく筋トレしたり食事制限してる人からすると「頑張ってない感じ」がしたんだと思います。

そもそも私の考えとしては、ハードな筋トレやカロリーや糖質を計算し食べたいもの我慢して痩せたとしても、目標体重に到達したあとそれ辞めたら戻るじゃんと思ってるのです。一生我慢するなんて絶対に嫌でした。何も運動や食事を気にせずに生きていて、納得のいく体型でいることに憧れていました。

ちなみに今は割と好きなもの好きなだけ食べても太らないです。意識してつけた食べ方が習慣化して胃がかなり小さくなったので、自分が満足する分食べても量としては少ないのだと思います。量の認識(世間とのギャップ)は別記事で書いたのでこれも貼っておきます。運動も、買い物ついでに遠回りして家に帰る程度です。駅などでは階段を使うようには意識しています。日常に溶け込んだ習慣となっています。

頑張った事

雨の日は散歩どうしてましたか?という質問もいくつか頂いています。これ昨日のツイートですが、

雨が降ってるから、今日どうするか迷ってるとやらなくなってしまうのです。なので私は、

  • 雨の日でも歩いて登校した
  • 雪の日でも歩いて登校した
  • 食後の散歩もどんな天気でもした
  • 日差し強い日は日傘をさして歩いた
  • 夏休みは市民プールで水中ウォーキングした(2h)

とにかく迷う前にやりました。頑張ったことは唯一これかもしれないです。流石に暴風で警報が出ているような日は危ないのでお休みにしていましたが…。

雪の日でも歩いていればじんわり汗かくくらいに温まるし、寒い日は着込んでいました。雨なら靴下の替えを持っていったし、日差しが強い日は日傘をさしてました。汗の匂いが気になる程汗をかく時期はキャミソールの着替えを持って行ってたし、脇汗には↓

上記のツイートのような対策をしていました。雨でスカートがびしょ濡れになった日は体操服に着替えて教室の後ろにスカート干してました。濡れたローファーには帰ったら新聞紙を詰めて明日には乾くようにしていました。これらをやってる自分が他人からどう見られるかとかが割とどうでもよくて、太った体型でいることや写真のたびにショックを受ける体型や顔の丸さ、体重計に出る大きな数字が嫌で嫌で仕方なかったです。

いままでのまとめを既に見ていただいてる方はお分かりかと思いますが、私はただただ太ってる自分がいやで痩せたかっただけで、そのために行なった過程を「頑張ったね!!」って褒められたい訳ではないんです。むしろ、ダイエットのために運動たくさん頑張ってる人や、カロリーや糖質計算して管理している人と比べたら、私はかなり楽をしていた自覚があります。

ただ、辛くない範囲のことを継続する努力はしました。”迷う前にとにかくやる”と継続したことの価値はとっても大きいと思っています。今振り返ると頑張ったなと思いますが、当時はとりあえず歩こっ。みたいな感じでひたすら歩いていました。期待してない分、気づいたら結果(-12kg)がついてきていたパターンだと思います。

私にとって走るのはきついけど、歩くのはきつくなかったです。音楽聴いてたりして楽しかったですし。なんかだるいなと思ってもとりあえず家出れば歩くもんでした。

報われない努力

きついことや辛い我慢→頑張った感→-○kg(結果)

必ずしもこうではない事は実際経験からみなさん知っていますよね。頑張って運動した分、今日けっこう減ったんじゃない???って期待して体重計に乗っても、その頑張りほど減ってなかったり、むしろその日の食事量で増えてたり。頑張った分期待が大きくなっていて、でも結果が伴わないからモチベーションが下がって、ダイエット熱はフェードアウト。みたいなループは陥りがちだと思います。

ダイエットの肝は継続です。なんども言いますが一夜にして痩せることはできません。なので私は、いついつまでに痩せる!とか焦ってやるダイエットは辞めにしたし、続かないようなきついことも鼻から諦めました。続く範囲の小さな頑張りを継続できた人が成功していくのだと思います。これはダイエットに限らず。。。

改めて、ご質問の回答ですが本当に歩くことは痩せます。食べ過ぎないように食べ方には注意しましたが、運動はウォーキングのみです。極論、食べ方に注意しなくてもそれ以上に歩き回れば痩せることは可能だと思いますが、学校や仕事等で時間的に無理があると思います。

余談の余談というかもはや愚痴みたいな感じですが、、、

学校の先生とかで、自分の仕事「やってる感」が欲しいために、意味のないようなプリント配ったり、課題出したりする先生いますよね。生徒のためにならない、自分が課題を出してチェックしてって仕事頑張ってる感が欲しいために結果(生徒の学力向上)につながってないことやる先生()。出さないと居残りとかいうし、無駄な努力に付き合わされるのがすっごく嫌でした。

他にも、自分より楽してる(ように見える)人が出世していくのを、自分はこんなに頑張ってる(間違った努力)のに!みたいな人とか。それでいいのか?と思います。

っとまあ、この辺にしておきます笑

似たような話のダルビッシュ投手のツイート貼っておきます。

なんか偉そうな文章になってすみません(今更)。。また明日!

食事のマイルール(▼)

ウォーキングについて(▼)

痩せ目標の立て方(▼)

自分が満足する分食べても量としては少ない話(▼)

【メガ割り20%】Qoo10ネット通販【6/3~6/14】

コメント

タイトルとURLをコピーしました