整形前にも努力で出来ることリスト

ダイエット

整形しかないのかなと思っている箇所も努力で変われたりします。めちゃくちゃ調べたし数年実践してきて実際に変化が出ていることをまとめました!ぜひ生活の中に取り入れてみてください。この写真のビフォアフはもちろん未整形です。

スポンサーリンク

チェックリスト

□ 痩せて無駄な脂肪を落とす(目・鼻・横顔)
□ 上前歯の上まで下唇を閉じない(口・顎)
□ 首、顎を突き出した姿勢に絶対しない(口・顎)
□ 舌のを正しい位置に置く(口・顎)
□ 歯と歯は食べる時以外離す(エラ)
□ 口をすぼめたまま下を遠くに出す(顎)
□ 頭皮、おでこを柔らかくする(目)
□ 鼻呼吸をする(目・鼻・口・顎)
□ 造顔マッサージをする(目・鼻・顎・小顔)
□ 高さのあった枕で仰向けで寝る(小顔)
□ 巻肩、反り腰を治す(顎・小顔)

スポンサーリンク : 韓国ファッション通販のまとめ買いCodibook

解説

✔︎ 痩せて無駄な脂肪を落とす(目・鼻・横顔)

まずこれです!!12キロ痩せた(BMI21.9→17)のですが、知らなかったくぼみとか、知らなかった骨とか出てきます。瞼も鼻も頬骨の周りも顎周りもぜーーーんぶスッキリすると当たり前ですがかなりシュッとしました。

目の変化

無駄な脂肪がなくなると瞼も薄くなり、鼻の骨も出てきます。これ実験できるので鏡の前で目と目のを軽く間つまんでみてください。痩せて鼻の骨ができて薄い肉が引っ張り上げられる分、蒙古襞の被さる面積が減って、切開ラインが出て、二重にもなりやすいです。成長過程で自然に二重になることもよく聞きますが、私は痩せて行く過程も合わさってか末広二重が平行二重になりました。太っている時の目をアップで撮ったりしてなかったので画質悪くて申し訳ないですが-12kgでこんな感じです。痩せた以外にマッサージもしています。(後ほど詳しく)どちらもすっぴんでアフターはまつげパーマをしています。

鼻の変化

この比較画像は、痩せたことはもちろんですが、他にもチェック項目に書いたように”造顔マッサージ”を行なったことや、”鼻呼吸”を意識して生活した総合点だと思います(もちろん遺伝も)。後ほど詳しく書きます。この写真は8年前と今です。正直まだ身長も伸びてた成長過程の8年なので、こんなに変化したのだと思います。右は不意にドアップで撮られた写真で左はインカメ自撮りです。鼻は表情(笑うと横に広がる)や角度によっても印象かなり変わると思いますが全く同じ条件で撮れておらずすみません。

横顔、フェイスラインへの効果

私は痩せてから(-12kg)横顔が許せるようになりました。いいビフォーがなかったのでイラストですみません。これ、顎下だけ肉を書き足して他は何もしてないのですが全然印象違いますよね。

綺麗なフェイスラインは、青で書いたように顎下と首の境目が明確に尖って見えます。ここが緩やかなカーブとかだと改善した方が綺麗に見えます。

いやいや、顎ねーんだわって人、次もちゃんと読んでください。


✔︎ 上前歯の上まで下唇を閉じない(口・顎)

これめっちゃ口ゴボに見えてしまいます…!!上の前歯に被さるように下唇を閉じる癖がある人は必然的にオトガイ筋も発達してしまって下唇と顎先の間がもっこりしがちです。下の図右は、フェイスラインにも脂肪がついていて尚且つ、口も一生懸命閉じすぎでオトガイ筋が緊張している図です。

顎が綺麗に見える人って図左の青三角があると思います。私もこれに気づくまでモコっとしがちだったのですが、ここの筋肉を使わないように使わないようにと意識し、口の閉じ方を気をつけ、隙あらばオトガイ筋をほぐすようにしていたら下の図左の青い三角部分が現れてきてコンプレックスがかなり解消されました。

いやいや、そんなんじゃねー顎なんだわって人、次もちゃんと読んでください。


✔︎ 首、顎を突き出した姿勢に絶対しない(口・顎)

猫背ですね。顔がどんどんでかくなりますし顎下の筋肉を全く使ってないので上記のイラスト右みたいな横顔まっしぐらです!!顎がない故に出したくなる気持ちはわかりますがこの姿勢は顔を巨大化させます。。。

これは顎下の脂肪解消にもつながりますが、肩甲骨を寄せて顎を上半身の上に正しく乗っている感覚が理解できるとほんとにフェイスライン変わります。骸骨でみた時、顎がない人というのはいないので正しい位置に戻してあげてください。ブログでしつこく言ってますが、正しい位置にないと反動で違う場所が発達してきます。正しい位置に全てが収まっているとすっごく全体がコンパクトでスリムになります。顎も同じだと思います。これだけでも口元が緩和されます、意識してみてください!

いやいや、歯がでてんだわって人、次もちゃんと読んでください。


✔︎ 舌のを正しい位置に置く(口・顎)

舌の先、前歯についてないですか…?もし長年前歯についていたとしたら、ずっと自分で前に押し出しています。人は1日に3000回ほど食べ物や唾を飲み込むと言われていますが、その度に歯を押し出していることになります。習慣で歯は動きます。これは歯科医さんも言っています。そもそも矯正のメカニズムもそうですよね、正しい位置にワイヤーをつけて日常的に少しずつ力を加えさせて動かすという。ではでは舌の正しい位置とは??

舌は口の中の天上にくっついていますか…?根元から上にくっついてるのが正しい位置です。ここにちゃんと収まっていないと、くいしばる癖や歯ぎしりをしている可能性が高くこれはエラを発達させます。良いことないので今日から気をつけてみてください!そして、上にくっつけてみると分かると思いますが、顎下の筋肉も使われてちょっと凹みますよね。顎下の三角を作るのにも有効かと思いますのでぜひ!!

次は食いしばりにちなむ口内の話です。


✔︎ 歯と歯は食べる時以外離す(エラ)

歯は、常にくっついてない状態が正しい状態です。くっつく時は1日の中で食べ物を噛み砕いているときだけです!くっついている時顎や頭にも力が入っていて、筋肉は緊張状態にあり、エラも発達させてしまいます。口内下の歯の内側が膨らんでいる人は、くいしばる癖や歯ぎしりがある人です。歯を離す意識をしていると、ふと瓶のフタを開けるときやちょっとした力む仕草の時にくっつけそうになることに気づくと思います。

ちなみに本気で噛むと顎は体重分の力を発揮できるそうです。顎はちょっと力が入っているだけのつもりでも物凄い力がかかっている可能性があるので気をつけたいところです!!特に顔のサイズは下半分で決まると思うのでなおさらです。。

では次顎下の三角を作るために日常私が行なっていることです。


✔︎ 口をすぼめたまま下を遠くに出す(顎)

これ、窪田正孝さんがやってる映像をみて舌が長すぎるしフェイスラインが綺麗すぎて衝撃を受けて以来ずっと続けているのですが、これは効きます!!よく雑誌とかでは「あー」と口を大きく開けて舌を出すエクササイズ的なのが取り上げられていますが、口を大きく開けず、舌がでる分だけにすぼめて出す方法です。これもやってもらえたらすぐ分かると思いますが、口を開けて出す方とすぼめて出す方、筋肉を使ってる量が全然ちがいます!!顎周りにかなり効くのでオススメです。

次は目です。

✔︎ 頭皮、おでこを柔らかくする(目)

痩せたらまぶたの脂肪も減ってぱっちりします。目がぱっちり綺麗に見える要因はまつ毛の生え際が見えているかどうかだと思います。これは一重、二重に限らず。いつかの質問箱でも答えたので要因は割愛しますが、気になる方はこちらを。▼

で、スマホの見過ぎだったりで眉毛の位置が下がりがちだと思うのでこれは解消した方が絶対良いです。単純に、おでこや頭皮はまぶたに1枚の皮で繋がっています。そこがガチガチに固まっていると眠そうなかんじやどんよりした印象の目になってしまうと思います。

もともとヘアケア目当てで頭皮マッサージ始めたのですが思わぬ恩恵で目がぱっちりしたのでこれもオススメです。おでこは後述の造顔マッサージでもほぐれるのでこちらもオススメです。


✔︎ 鼻呼吸をする(目・鼻・口)

まず口呼吸が美容的に悪い理由を書きます。
口呼吸だと少なからず口が開いている状態なので、歯に外側から圧力がかからず出っ歯などの原因になります。これごときで?って思う人も多いかもしれませんが小さいことの積み重ねで良くも悪くも簡単に変わります。しつこいですが歯は習慣で動きます。前述の通り口が出てると横顔に影響するので注意です!!

そしてもう一つ、口呼吸は顔の筋肉を全く使っていない状態だからです。口呼吸と鼻呼吸をやりくらべてみると分かると思いますが、鼻呼吸にすると、目の周りや頬骨・鼻筋・顎下の筋肉をほんの少し使う感覚があると思います。人は1日に約3万回呼吸するそうですが、常に鼻呼吸にしておくだけで顔の筋肉を3万回も動かすことになります。

もう想像はつくかと思いますが、何も筋肉を使わないし歯を押し出す口呼吸を3万回するより、表情筋を使う鼻呼吸を3万回繰り返す方がシュッとするのは納得いくかと思います。ツイッターでも言っていますが、美容は頑張るより日常に取り入れたもん勝ちだと思います。美容だけに割ける時間は大人になればなるほど少なくなっていきますが、生活の一部になっていれば一生綺麗でいられるんじゃないかなと思っています!

スポンサーリンク:スタイルデリ公式通販【style-deli.com】


✔︎ 造顔マッサージをする(目・鼻・顎・小顔)

痩せたあとのものですが、1週間朝晩行なった比較写真です。体重は同じです。

モザイクで分かる範囲だと、エラ・横幅に変化が見えると思います!
始めた次の日の時点で、なんかシュッとしたような…?と感じましたが、まあプラセボ効果かなと思っていました。が、他人にもなんか痩せた?と言われこれは思い込みじゃないなとなりました。人に褒められると継続する気持ちが湧きますね。血行もよくなるので毛穴にも効果的です。

手順は『田中宥久子の造顔マッサージ』で検索してみてください、ここでは割愛します。

マッサージの工程に小鼻の横の脂肪を取ることや、鼻筋を整える工程、顎のたるみ、顎関節を締めることによる小顔効果などなどたくさん盛り込まれています(3分程度)。マッサージ反対派の方もいらっしゃると思いますが、表面をこするんじゃなくて骨を押し脂肪に圧をかけるイメージで行うと良いのではないかと思います。私は朝はスキンケアの時、夜はお風呂でメイク落としの時に行なっています。

余談ですが、私に美意識のびの字もない頃から母親が朝晩毎回行なっているのをみていました。かなり昔の写真ですが、左が母親で、右は小学4年生の弟です。この顎を出した写りで小学生4年生と顔がほぼ同じ大きさという…

私に美意識が芽生えて、母親に「なんでそんなに顔ちっちゃいの??」と聞いたとき、「造顔マッサージじゃないかなーずっとやってるもん」とのことでした。フェイスラインだけでなく余分な脂肪が落ちて骨がくっきりしてくるので本当にオススメです。

夜はお風呂でクレンジングしながら造顔マッサージをしています。考案者の田中先生も言われていますが、毛穴の奥の汚れも落とすことができるのでくすみもなくなり顔がパッと明るくなります。クレンジングとマッサージクリームが一緒になっているPOND’Sの洗顔がオススメです!!

POND’S クリアフェイス クリームクレンジング 270g ¥1419
Amazonで見る 楽天市場で見る

これ赤とか青とかもあるのですが、黄色が一番お気に入りです。

ではつぎ。


✔︎ 高さのあった枕で仰向けで寝る(小顔)

枕が合っていなかったり、どちらかを向いて寝る習慣があると偏った体重がかかり歪みが生じます。体全体に言えることですが、歪みはむくみの原因で、むくみはほおっておくと脂肪になります!!

仰向けで寝る習慣がつくと、横向いて寝た時に顎や頬骨にめちゃくちゃ体重がかかっているのが分かるようになります。。

余談ですが、よくいて残念だなと思う人で顔はすごく綺麗なのに首にシワがある人。手や首に年齢が出やすいというのは若いうちから知っておくととっても有利だなと思いました!!枕の高さがあっていないと首にシワができてしまうのでいろんな意味で気をつけておきたいところです!

では次最後。


✔︎ 巻肩、反り腰を治す(小顔)

この二つは併発しやすいものだと思いますが、肩幅ゴリラの原因にもなりますし、鎖骨がみえないとか、顎下が痩せない原因にもなります。

床に寝て腰に手が入る隙間があれば反り腰です。足はO脚ではありませんか??この辺も繋がっているので併発します。改善方法はストレッチポールを使う柔軟などがオススメです。改善するには背中の筋肉を使うことになりますが、背中が鍛わると顔の横幅が縮みます。さらに巻型が治ることで、鎖骨周りやフェイスラインがスッキリして顔の見え方がかなり変わります。前述の顎の三角ラインが出現してくれます。

まとめ

以上10項、これを意識して生活するだけで顔が変わることはお分りいただけたんじゃないかなと思います…!!整形するしかないのかなと思っているコンプレックスも、まずは余分なものを削ぎ落としつつ、並行して上記のリストを意識していれば、痩せた頃に考えが変わる部分も出てくることもあるのではと思います。ここまで実行していればかなり変わるので、メイクもかなり映えるようになります。根本的解決にはならないですが、メイクでのコンプ解消も効果が出やすくなります。

全然、整形否定派とかじゃないのですが、メスを入れることは必ず副作用がありますし、金銭的な面や、失敗した時に完全に元に戻せないことや、DTなどなど天秤にかけないといけないことが多いと思います。だからこそ、その前に努力で出来ることがたくさんあることを伝えたかったです。私は全部実行していて、生活習慣になっています。そして自分自身が一番変化を感じているからこそ、例えば田中みなみちゃんの整形してない!と言い切るところも、だよね、変わるよね、と疑う気持ちは全くないです。

何かコンプレックス解消の知識の足しになれば幸いです!

ではまた!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

タイトルとURLをコピーしました